植物性、動物性の精力成分を精錬しすぎずく配合した「ゼノファーEX」

ゼノファーEX

「ゼノファーEX」は植物性の天然精力成分に加えて、動物性の精力成分までこだわって配合した「天然素材的」な精力サプリメントです。

 

 

特に高級な天然材料をつかって、それほど手を加えていない「エキス」をそのままブレンドする製法。

 

 

他の精力サプリメントと差別化しています。

 

 

なぜそれが他のサプリメントとの差別化になるのか。

 

 

それは、成分は、素材のままのほうが、身体への吸収が良いからです。

 

 

たとえば、アルギニンは、アルギニンだけじゃなく、シトルリンと一緒のほうが吸収がいいですし、もっといえば、アルギニンは「マカ」で摂れば、分量はともかく、吸収はよいのですね。

 

 

身体は、そのままダイレクトに入ってくる栄養素より、食べ物から栄養素を摂りだすということが、健康維持の秘訣です。

 

 

特に若いうちは、天然素材をそのまま使っているようなサプリメントを取ったほうが良いと思います。

 

 

「ゼノファーEX」は「リゼノール」や「ゼファルリン」ほど多成分ではないですが、天然素材をブレンドしたサプリメントから取り出せる成分は多いといえるんです。

 

 

「ゼノファーEX」が優位ということがあるということです。

 

 

動物性アミノ酸類をサプリメントで摂りたい理由

 

従来の精力サプリメントは植物成分が主でした。

 

 

基本的に勃起回復のために必要な成分はミネラル、ビタミン、アミノ酸です。

 

 

もちろん、男性ホルモンの主原料はコレステロールなんて言われているので(本当はアルギニンを中心としたアミノ酸)、動物性の栄養素はあったほうがよいに決まっています。

 

 

しかし動物性の栄養分については、普段から摂取しやすいというか、多くの男性の取り過ぎが指摘されています。

 

 

アルギニンを摂るのはよいのですが、LDLコレステロールがついてくるからです。

 

 

よって、動物性の栄養分は、食品から取り過ぎると、身体によくは無いので、そのためにもサプリメントで補うという考え方は重要だと言えるでしょう。

 

 

動物性の精力成分が、勃起力回復にさほど重要ではないのはなぜ?

 

古来から「スッポン」や「サソリ」「ウナギ」などの動物性たんぱく質やビタミンAなどをもった食材に関しては、「精力がつく」とは言われていました。

 

 

それは昔は動物性のたんぱく質自体があまり手に入らないものだからです。

 

 

日本人の食卓は一汁一菜と言われて、コメ中心に野菜少々くらいしか取れなかったわけです。

 

 

ですから、動物性の栄養素にとっては「精がつく」とは言われるのです。

 

 

ですが、勃起力をただ高めるためなら、これらの成分はさほど重要ではありません。

 

 

勃起力アップには、成長ホルモンと男性ホルモンを分泌するための栄養素としてアミノ酸類と亜鉛を中心としたミネラル類、があれば大丈夫だからです、

 

 

そのため、たとえばマカ、亜鉛の組合せである程度勃起力は高められます。

 

 

増大に大切なのは成分の品質と配合バランス

 

ゼノファーEX広告2

しかしながら、「ゼノファーEX」の良いところは、中性脂肪やコレステロールを排除した、植物性、動物性の高級、高品質な精力成分をバランスよく配合しているのは、ペニスの海綿体細胞増殖に必要だからです。

 

 

動物性のアミノ酸やその他栄養素は、「アク」ともいうべき、コレステロールを除けば、成長ホルモン分泌を促進する、アミノ酸、ミネラル、ビタミンB2の宝庫なんです。

 

 

ペニスの物理的な大きさを増大する有効性は、非常に高いですね。

 

 

このことを踏まえて、ゼノファーEXには
シトルリン、マカ、トンカットアリ、高麗人参、ムイラブアマ、コブラ、すっぽん、オットセイ、カンカ…など
高級材料から、有効な天然の成分だけをあえて精錬しすぎずに、調合しているわけです。

 

 

メジャーな植物天然の精力成分から、超高級動物性漢方素材まで、ほぼすべて入っているような状態ですので、「理論的には」増大に「効かないわけがない」のです。

 

 

「ゼノファーEX」の公式ページで詳細を見る。

 

 

海綿体の細胞再生でペニスが圧倒的に増大

 

ゼノファーEX広告3

「ゼノファーEX」は他ではあまりお目にかかれない高級成分配合で、男性ホルモンの自己生成力を高めるのに優れた精力サプリメントです。

 

 

精子の原料となるアルギニンを含むアミノ酸成分、亜鉛、その他ミネラルがしっかり摂れます。

 

 

50代以降で、あまり肉や魚などの高たんぱくな食事を摂れないという人にもかなり有効ですよね。

 

 

当然、ここまでの高級動物成分と、植物強壮成分がバランス良く入っていれば、細胞再生学理論がはたらきます。

 

 

ゼノファーEXはまさしく、海綿体増殖により、普段のペニスの大きさまで変えてしまう、増大サプリメントなのです。

 

 

 

ここに「ゼノファーEX」の全成分をあげておきます。

 

 

材料は23種類。

 

 

ただし、精錬しすぎてはないので、もっと多種の栄養素がはいっているものと思ってもらって差し支えないと思います。

 

 

全成分
乳糖、L-シトルリン、鮭卵巣外皮加水分解物、すっぽん末、冬虫夏草菌糸体末、唐辛子末、酵母(亜鉛含有)、牡蠣肉エキス末、ロディオラエキス末、アカガウクルア末、カンカエキス末、コブラ末、ガラナ種子エキス末、マカエキス、高麗人参エキス、トンカットアリエキス、ムライプアマ樹皮エキス、ニラ種子エキス、オットセイ骨格筋エキス、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、L-アルギニン、微粒化ケイ素

 

 

「ゼノファーEX」を特にお奨めしたい人

 

  • ペニス増大のために、高級成分を摂りたい人
  •  

  • 元気が出ない、活力が出ない男性
  •  

  • 平常時のサイズも大きくしたい人
  •  

  • 肉、魚等があまり食べられなくなってきた中高年。
  •  

  • 勃起力アップ効果の実感を待てる人(少なくとも1ヶ月程度は。)
  •  

  • 血行が良くない人

 

 

「ゼノファーEX」がお奨めできない人

 

  • 常用薬があり、医師にサプリメントの併用を止められている人(医師の判断による)
  •  

  • 返金保証が必要な人。返金保証はありません。

 

星3
ほとんど雑多な成分のみのサプリで、体内に吸収されやすいとは思います。だけど素材の種類が少ないのは1つ1つの成分が濃いということなのかな??
そのあたりがわからないのと、少し古くなってきているので。

 

「ゼノファーEX」の公式ページで詳細を見る。

 

増大トレーニングをしましょう!



多成分増大サプリメントは、飲むだけでも少しずつ結果は出ます。



なぜかというと、「しっかりと段階を追っての増大を見越して調合された」多成分のため、成長ホルモンの分泌量は間違いなく大きくなるので、相対的にペニスに作用する成長ホルモンが大きくはなるからです。



そこまで増大への成分作用の研究は進んでいるわけです。



ですが、分泌した成長ホルモンはヒゲや体毛など他にも使われ、かなり無駄に費やされます。



そこで、トレーニングすると、全然成長スピードが違ってきます。



それは、せっかく分泌した成長ホルモンを、身体の他の箇所に使われてしまうことなく、ペニスに集中させられるためです。



分泌量が増した成長ホルモンと、男性ホルモンを無駄なく増大に使うため、以下のことを徹底してください。



  • 最大限に勃起させることをイメージする。

  • 寸止めして、成長の必要性を脳下神経に感じさせる。

  • 自慰行為での射精は、サプリを飲んでいる間できる限り控える(精液を出し過ぎると、最大限に勃起できないため)

  • ペニス周りの筋肉、下半身を、スクワット、かかと上げなどで鍛える。下半身の血行を良くすることがポイント。


また、セックスはしてもいいですが、最高潮の快感を味わうために、最大に勃起させることを意識してしましょう。



最大限に勃起させることで、最高潮の快感を味わうことで、ペニスの成長の必要性を脳に叩き込むのです。



最大限に勃起させられるためには、1日ごととか、3日ごとにはなりませんよ。



1週間くらい開けられるのが理想です。



尚、セックスに近い快感を得られるものとして、アダルトグッズなんかを使うのも増大には効果的です。



ただ、最近のものは、進化しすぎてその性能が良すぎるので、注意して使わなくてはなりません。



実際のセックスよりも過激な映像を見ながら、これから体感するセックスでペニスに感じる快感以上の快感をグッズで快感してしまうと、本当のセックスで物足りず、心因的ED(勃起不全)や遅漏になりかねませんよ。



くれぐれも快感に任せて射精しまくるのはまずいです。



精液不足では最大の勃起ができなくなるため、折角の成長ホルモンがペニスに作用しにくくなってしまいます。



セックスと同じ事です。グッズで自慰行為するにせよ、むやみに快感に任せるのではなく、「最大の快感と勃起」を得られるように調整してください。



あと、大切なことがもう一点。



サプリの栄養はあくまで内分泌ホルモンの分泌、体調向上などに向けてのものです。



細胞を形成する直接的な栄養素ではありません。



細胞を増やすには、普段の食事で、質の良いたんぱく質を摂ることを特に心がけることが大切です。



脂肪分を落とした赤身肉などは、たんぱく質他、天然の亜鉛など多く摂れ、お勧めです。