「シトルリンXL」とはもはや比べられない「シトルリン革命王」

革命王1


STMX(ストアミックス)というちょっとマイナーなショッピングモールで売っているシトルリンサプリに「シトルリン革命王」というものがあります。

 

 

これは、バカにできない、スゴイ成分配合内容となっています。

 

 

「シトルリン○○」という商品名が完全に伊達ですね。

 

 

昔から、このショッピングモールでは「シトルリンXL」というシリーズが大きな人気を誇っていました。

 

 

いまでも相変わらずの人気のようなんですが。

 

 

でも、正直言って、「シトルリンXL」はすでに「細胞組織再生学」が主流になっている増大サプリの流れからちょっと遅れてしまっています。

 

 

成分的に、海綿体細胞増殖しないとも言い切れませんが、明らかに「シトルリン革命王」よりも成分的に劣っていると思います。

 

 

シトルリンが多ければいいってもんじゃないです。

 

 

が、そのシトルリンも、どれほどの濃度で入っているのかはっきりしないのが痛いですね…

 

 

「シトルリンXL」は2015年、リニューアルし、「新シトルリンXL」になりました。

 

シトルリン以外の成分はごっそりと入れ替えられて、シトルリンは増量。

 

成長ホルモンを増幅する成分も入り、ようやく増大がある程度期待できる内容となりました。

 

ただし、やはり成分的には多成分サプリに比べると弱い感じがしますね。 ⇒ 「新シトルリンXL」詳細ページへ

 

 

シトルリン革命王の成分

 

革命王2

シトルリン革命王のすごいところは、シトルリン○○という商品名の癖に、多成分サプリメントだということです。

 

 

さらに、シトルリン量は、1日当たりの摂取量は1000mgを超えます。

 

 

シトルリンは、1日の摂取量が800mgを超えると体に効果が感じられるといわれています。

 

 

この基準をしっかりクリアしています。

 

 

ちなみに健康長寿の杜社の勃起力不足回復対応サプリ「TGHプレミアム」の1日当たりのシトルリン量は500mg。

 

 

他のサプリもそれくらいが基準となると思われます。

 

 

シトルリン革命王は、18種類もの、特に天然材料を中心とした成分配合となっています。

 

 

内容としては、増大サプリ「ゼノファーEX」に匹敵。

 

 

成長ホルモンと男性ホルモンを増大させる「GHリリーザー」(グロースホルモンリリーザー)の栄養分を満たすと思われます。

 

 

テストステロンだけでなく、もうひとつの男性ホルモン「デヒドロエピアンドロステロン」を増大する「ソフォン」、副交感神経のリラックスを促す、南米のハーブ「ムイラプアマ」なども配合されていることも、良く分かっている証拠ですよね。

 

 

全成分を掲載します。

 

 

L-シトルリン、アカガウクルア、亜鉛含有酵母、高麗ニンジン末、ムイラブアマ(地上部)エキス末、マカ末、ニンニク末、トンカットアリエキス、トナカイ角末、サソリ末、カンカニクジュヨウエキス末、カロペプタイド(オットセイ骨格筋抽出物)、ガラナ末、馬睾丸エキス、セルロース、ステアリン酸カルシウム、L-アルギニン、ビタミンB1、酸化マグネシウム、微粒酸化ケイ素

 

 

尚、「シトルリン革命王」はビタミンB1については、厚生労働省の基準値に準拠した「栄養機能食品」です。

 

 

信頼の製品ですね。

 

 

「シトルリン革命王」の公式ページで詳細を見る。

 

 

「シトルリン革命王」を特にお奨めしたい人

 

  • シトルリンを多めに摂りたい人
  •  

  • ペニス増大のために、動物性アミノ酸成分を摂りたい人
  •  

  • 元気が出ない、活力が出ない男性
  •  

  • 平常時のサイズも大きくしたい人
  •  

  • 肉、魚等があまり食べられなくなってきた中高年。
  •  

  • 勃起力アップ効果の実感を待てる人(少なくとも1ヶ月程度は。)
  •  

  • 血行が良くない人

 

 

「シトルリン革命王」がお奨めできない人

 

  • 常用薬があり、医師にサプリメントの併用を止められている人(医師の判断による)
  •  

  • 返金保証が必要な人。返金保証はありません。

 

星4
内容はまあ、良いですね。シトルリン量が多く、他の成分にも隙はありません。時代の変化に合わせてきちんとリニューアルしているところが好感。

 

「シトルリン革命王」の公式ページで詳細を見る。

 

増大トレーニングをしましょう!



多成分増大サプリメントは、飲むだけでも少しずつ結果は出ます。



なぜかというと、「しっかりと段階を追っての増大を見越して調合された」多成分のため、成長ホルモンの分泌量は間違いなく大きくなるので、相対的にペニスに作用する成長ホルモンが大きくはなるからです。



そこまで増大への成分作用の研究は進んでいるわけです。



ですが、分泌した成長ホルモンはヒゲや体毛など他にも使われ、かなり無駄に費やされます。



そこで、トレーニングすると、全然成長スピードが違ってきます。



それは、せっかく分泌した成長ホルモンを、身体の他の箇所に使われてしまうことなく、ペニスに集中させられるためです。



分泌量が増した成長ホルモンと、男性ホルモンを無駄なく増大に使うため、以下のことを徹底してください。



  • 最大限に勃起させることをイメージする。

  • 寸止めして、成長の必要性を脳下神経に感じさせる。

  • 自慰行為での射精は、サプリを飲んでいる間できる限り控える(精液を出し過ぎると、最大限に勃起できないため)

  • ペニス周りの筋肉、下半身を、スクワット、かかと上げなどで鍛える。下半身の血行を良くすることがポイント。


また、セックスはしてもいいですが、最高潮の快感を味わうために、最大に勃起させることを意識してしましょう。



最大限に勃起させることで、最高潮の快感を味わうことで、ペニスの成長の必要性を脳に叩き込むのです。



最大限に勃起させられるためには、1日ごととか、3日ごとにはなりませんよ。



1週間くらい開けられるのが理想です。



尚、セックスに近い快感を得られるものとして、アダルトグッズなんかを使うのも増大には効果的です。



ただ、最近のものは、進化しすぎてその性能が良すぎるので、注意して使わなくてはなりません。



実際のセックスよりも過激な映像を見ながら、これから体感するセックスでペニスに感じる快感以上の快感をグッズで快感してしまうと、本当のセックスで物足りず、心因的ED(勃起不全)や遅漏になりかねませんよ。



くれぐれも快感に任せて射精しまくるのはまずいです。



精液不足では最大の勃起ができなくなるため、折角の成長ホルモンがペニスに作用しにくくなってしまいます。



セックスと同じ事です。グッズで自慰行為するにせよ、むやみに快感に任せるのではなく、「最大の快感と勃起」を得られるように調整してください。



あと、大切なことがもう一点。



サプリの栄養はあくまで内分泌ホルモンの分泌、体調向上などに向けてのものです。



細胞を形成する直接的な栄養素ではありません。



細胞を増やすには、普段の食事で、質の良いたんぱく質を摂ることを特に心がけることが大切です。



脂肪分を落とした赤身肉などは、たんぱく質他、天然の亜鉛など多く摂れ、お勧めです。