女性の方のご訪問が少なくありません。

精力剤関連のホームページを運営していると、意外にも女性の方の訪問が多いものです。

 

それは

 

  • 「彼氏の精力が落ちている」
  •  

  • 「旦那さんの精力が落ちている」
  •  

  • 「勃起しない」

 

 

ということを心配したり、悩んだりということがあります。

 

 

また、彼氏が手を出さないとかですね…

 

 

そういった悩みの場合は、症状によって対処法がかなり変わりますので、このホームページ内をくまなく見ていただければ良いと思います。

 

 

不妊に悩んでいる方へ。大きな原因は2つです。

 

マタニティ

それとは別に、多分これが理由で訪問する人はさほど多くはないと思うのですが、関連することなので書いておきます。

 

 

それは「不妊」の問題ですね。

 

 

長らく、妊活、妊活といわれますが、子どもの少なさは社会問題化しています。

 

 

国が、子育てがしやすい支援をもっと十二分にしないと状況は変わらないと思うんですが…

 

 

それでも、子どもを作りたいという人は少なくはないわけですが、いつしか、子どもができにくいという人が増えてしまいました。

 

 

本来なら妊活なんて言葉はあってしかるべきではないのですが、自然発生してしまった言葉なんだと思います。

 

 

子どもができにくくなった理由としては、身体的な理由があります。

 

 

それは主に2つですね。

 

 

  • 「精液が薄く、若くても精子の活動が弱くなっている」
  •  

  • 「子どもを産みたい世代の高齢化」

 

 

があります。

 

 

「精液が薄く、若くても精子の活動が弱くなっている」

 

精液が薄くなっているのは、食生活の問題です。

 

 

天然の食材が少なくって、外食や冷凍食品など、栄養の少ないもの、また添加物が多いものを食べることが一般的になった昨今では、精液の中の精子の数が少なくなっています。

 

 

アメリカの研究では、50年前の男性に比べ、精液の密度は50%も薄まっているそうです。

 

 

やはり食生活、生活が乱れている男性、一人暮らしが長い男性などは、どうしてもこの傾向が強くなるのですね。

 

 

食生活を改善するとともに、マカサプリ、マカに加えて亜鉛を一緒に含むサプリなどをしばらく続けていると、精液は濃くなってきます。

 

 

「子どもを産みたい世代の高齢化」

 

子どもを産みたい世代が、高齢になっていることが上げられます。

 

 

高齢といっても30代ですけど。

 

 

昨今では、なかなか日本経済が上向かず、将来の金銭的な不安や、仕事において、1人1人の負担が大きくなっていることから結婚、出産は後回しといった風潮が強くなっています。

 

 

家族計画的に、そろそろ子どもをと考えたところで、もう妊娠しにくい、出産がかなり大変な年頃に差し掛かっているということが多くなっています。

 

 

30代を過ぎてからの妊娠というのは、かなり大変で、体質的にはさほど妊娠しにくくないという人でさえ、妊娠しにくくなってきます。

 

 

それは、体が30代に入ると急激に老化するということがあります。

 

 

もともと、体で作れていたアミノ酸類、酵素類が作られなくなり、外から摂るしかなくなるのもこのころで、新陳代謝に欠かせないアルギニンなどの必須アミノ酸も、外から補充せざる得なくなります。

 

 

お化粧が厚めになるのは、体の新陳代謝力が落ちるからです。

 

 

新しい「マカ」を試そうと思っている妊活中の方へ

 

普通に代謝量が落ちるだけであれば、それこそ、新陳代謝を補う栄養補助食品を摂ったり、食事や生活習慣を工夫したりするだけで十分良い結果が得られます。

 

 

でも、葉酸サプリやマカサプリを飲んでも、なかなか結果が出ないというカップルも少なくありません。

 

 

その問題に深くアプローチした製薬会社がゲンナイ製薬。

 

 

精子や卵子がなかなか着床しない原因は、その動き自体が弱くなってくるのもあるが、遺伝子を結びつける「ミトコンドリア」が衰えるからという研究成果を発表したのです。

 

 

さらに、細胞内のミトコンドリアのアンチエイジング成分として、独自のミネラル「ミネラルES‐46」「ミネラルES-55」を開発、サプリメントの販売を始めました。

 

 

「ミネラルES‐46」「ミネラルES-55」を含むサプリは「プレグルES‐46」でした。

 

 

現在は、他業種の大手メーカーから技術供与を受けて、「ミネラルCB-1」という製品に改良しています。(その後、さらに「ミトコプラス」に進化。)

 

 

なお、細胞内のミトコンドリアの衰えに着目する傾向は徐々にメジャーになってきるつつあります。

 

 

シンゲンメディカルは「イースタティックミネラル」という、ミトコンドリアのエネルギー産生能力を高めるための、マイナス電子を供給するための独自ミネラル成分を開発。

 

 

「ミトコア300mg」というサプリの販売を開始しています。

 

 

最近は新たに「ミトコリン」なども発売されています。

 

 

マカや他のサプリをはじめ、色々試したが、なかなか妊娠できなかった。

 

 

でも、ミトコンドリアのエネルギー産生の改善に着目したサプリを試したら、妊娠できたという話は実際にあるので、もし今までにマカサプリなどを試してなかなか着床しない、だから新しいマカを試そうかと思っているというかたは、このようなサプリも検討ください。

 

 

ひょっとしたら、すんなり妊娠できるかもしれないのです。

 

 

精子、卵子を活動させるには、確かに新陳代謝を促進する、マカサプリや発酵酵素エキスを配合したサプリは有効ですが、それだけでは足りないかもしれません。

 

 

「プレグルCB-1」「ミトコア300mg」「ミトコリン」の詳細は下記に記載しています。

「不妊」に効果的なサプリ

※妊活に適したマカサプリは こちらのページに掲載しています。 

妊活に適したマカサプリ

細胞核内のミトコンドリアのアンチエイジングをサポートするサプリ

卵子・精子の源であるミトコンドリアを元気にし、数自体を大幅に増やす事でその数も飛躍的に増殖させ、能力を回復し妊娠しやすい体質へ導くというコンセプト。

ミトコリン


★妊娠しにくさは細胞のミトコンドリアのエネルギー産生が落ちるためといわれます。キルギス共和国の国家顧問・名誉領事で東京医科大学教授の中島博士の特許を基に作り上げたミトコンドリア活性化サプリ。


★生殖細胞内のミトコンドリアに働きかけるという「ミトアップハーバルエキス」と名付けたオリジナル成分が主力。


★ブラックとマンゴーのWジンジャー効果でミトコンドリアを更に活性。夫婦で使用が推奨される製品です。他「黄杞葉」「ヒハツ」といっためぐりアップのハーブも配合。


★体に合うかどうか試せます。8日間の返金保証付き。


星4
とかく価格の高さが気になります。他にこの手のサプリはないのでやってみる価値はあると思います。
ただミトコンドリアを栄養で活発にするというコンセプトなので、1本では終わりません。どうしても定期で続け、様子を見る必要があります。
尚、ミトコンドリア活性化のサプリは大体非常に高価なので、まだ妊活を始めの段階なら、まずプレグナオールなどの生殖器官のアンチエイジングと体全体の調子を上げる妊活サプリを続けてみたほうが良いと思います。


「ミトコリン」の公式ページで詳細を見る。

 

 

ミトコア300mg

★妊娠待ち女性・妊娠待ち男性の機能の核となる「ミトコンドリア」のエネルギー産生改善・精子、卵子の活性回復を目指すイオン化ミネラル「イースタティックミネラル」を開発。配合されています。


★さらにからだの巡りに「ジオスゲニン配糖体」、女性機能・男性機能強化へ「アグリコン型イソフラボン」を配合。


★精子、卵子の質にアプローチする処方の必要ないミネラルサプリです。


★さらにイースタティックミネラルを2倍(600㎎)摂れる「ミトコアmore300mg」を発売。ミネラルなので過剰摂取の心配は要りません。詳しくは下のリンクから公式ページへ。


※妊娠には男女とも体調を万全に保つことが必要です。
「ミトコア300mg」は男女とも共通の「ミトコンドリアのエネルギー産生」に必要な栄養素のみの構成です。
ミトコア300mgと同メーカー「シンゲンメディカル」の男女別の体調向上サプリ「プレグナオール」シリーズとの併用をお勧めします。


星4
とかく価格の高さが気になります。あまりこの手のサプリはないのでやってみる価値はあると思います。ただミトコンドリアを栄養で活発にするというコンセプトなので、1本では終わらないとは思います。


「ミトコア300mg」の公式ページで詳細を見る。

 

 

「プレグルCB-1」が進化。卵子、精子のミトコンドリアのエネルギー産生を高めるミネラル「ミネラルCB-1」はそのままに、含有成分などをチューニング

ミトコプラス


★妊活用ミトコンドリアサプリ「プレグルCB-1」を改良。「プレグルCB-1」との相違点は下の通りです。
・「ミネラルCB-1」以外の成分をリニューアル。男性用、女性用の区別をなくした。
・サプリ1粒の濃度を上げて、1日2粒のみに。(1粒減りました。)
・カプセルから二酸化チタンを除去(特に害はないのですが、心配する方がいらっしゃるので)


★「ミネラルCB-1」は世界の大手メーカー、アクティケム、ライコレッド、カネカの素材「ヴィネアトロール」「カネカQH「リコマット」を組み合わせ、独自のミネラル成分として開発。
卵子と精子をミトコンドリアレベルまでアプローチして、卵子と精子の染色体から若返りをはかり、着床しやすくするというミネラルです。


★品質にこだわった妊娠しやすい、させやすい健康体を作る6成分を配合。
「L-カルニチン」「ヘスペリジン(愛媛県産みかん粉末)」「総キサントフィル(グリコ製パプリカ色素)」「カプサンチン(グリコ製パプリカ色素)」「DHA(オメガ3脂肪酸)」「FPA(オメガ3脂肪酸)」


★さらにセット販売として、「プレミンALA」を用意。(単品販売はありません)
ALAはミトコンドリアで産生される「5-アミノレプリン酸」というアミノ酸。エネルギー補給するたんぱく質をサポート。ミトコンドリアの活動が足りない場合の補てんができるサプリです。


星4
前製品同じく、とかく価格の高さが気になります。あまりこの手のサプリはないのでやってみる価値はあると思います。ただミトコンドリアを栄養で活発にするという
コンセプトなので、1本では終わらないとは思います。ミトコアに比べると体のアンチエイジング成分も入っていてお得感はありますね。
尚、ミトコアやミトコプラスは非常に高価なので、まだ妊活を始めの段階なら、まずプレグナオールなどの生殖器官のアンチエイジングと体全体の調子を上げる妊活サプリをを続けてみたほうが良いと思います。


「ミトコプラス」の公式ページで詳細を見る。

 

「ミトコア」と摂りたい生殖体に栄養を与え、妊娠サポートするサプリ

妊娠待ち男女の体調を整え、精子、卵子を元気に妊娠しやすい環境づくりを目指すサプリ。

プレグナオール


★妊娠しにくさは細胞のミトコンドリアのエネルギー産生が落ちるためといわれます。「プレグナオール」にはミトコンドリアレベルでの栄養改善は見込めませんので、同メーカーの「ミトコア300mg」との併用がお勧めです。


★新陳代謝を高め、アルギニンを供給する「マカ」は男女共通素材です。多種の成分が入っていて、1日3粒で「妊娠待ち」に必要な栄養が十分が十分に確保できます。


★男性用は精子、精液の産生・質を高める亜鉛、山芋、血液浄化を促す高麗人参などを配合しています。
8成分:マカ、亜鉛、山芋ムチン、ビタミンE、牡蠣エキス、高麗人参、日本米麹、シリカ


★女性用はビタミン、ミネラル、鉄分をしっかり供給。体を温め、めぐりを良くする、若々しさを保つといった成分を配合しています。
8成分:マカ、葉酸緑茶、たんぽぽ、ルイボスティ、ヘム鉄、日本米麹、シリカ、アセロラ(ビタミンC)


星4
ただ精力サプリというのとは違います。若さと精子、卵子のアンチエイジングを意識している内容。妊活は妊活向けがよいということですね。
ミトコアと組み合わせると高すぎるので、まだ妊活始めの段階なら、まずこちらを続けてみたほうが良いと思います。


「プレグナオール」の公式ページで詳細を見る。

 

 

ゲンナイ製薬が製造販売する妊活サプリ。「ミトコプラス」との飲み合わせれば、卵子精子の着床行動が活発化が期待できます。

プレミンシリーズ


★「プレミンパパママ」の成分をリニューアル。「プレミン」「プレミンMen」となりました。


プレミンは女性用で、葉酸中心の配合。
葉酸・ルイボス・ヘム鉄、ビタミンC。と、4種類だった成分を、ルイボスを無くし、
葉酸、カルシウム、ヘム鉄、マグネシウム、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12と10種類に。
葉酸は厚生労働省の推奨量にあわせてしっかり400μg確保。



プレミンMenは男性用で、亜鉛、国産マカ中心の配合。
マカ・亜鉛・山芋・ビタミンE。4種類だった成分を、山芋を廃止。
マカを栄養価がより高い国産に。
亜鉛、ビタミンE、カルシウム、国産マカ、鉄、セレン、マンガン、マグネシウムと8種類に。
亜鉛は厚生労働省の推奨量にあわせて多すぎず、少なすぎない10㎎確保。


★同メーカーの「ミトコプラス」と成分が被らないので、飲み合わせても良いと思います。
ライバルの「プレグル」シリーズと比べると、ちょっと体調を引き上げる役割としては弱いと思いますが…「プレグル」より売れているようですね。


星3
成分が増えたにも関わらず、男女の体調を積極的に引き上げる成分を廃してしまってよいのかな…という感じです。
「ミトコプラス」との併用が前提…でもないと思いますが、刺激を廃したということなのでしょうか?それにしても弱いかなと。
「プレグルシリーズ」のほうが同価格帯で力強さがあると思うのですが、リニューアルが効いているのかな?


「プレミンシリーズ」の公式ページで詳細を見る。

 

「ミトコア」と摂りたいマカ以外の妊活サプリ

※妊活に適したマカサプリは こちらのページに掲載しています。 

妊活に適したマカサプリ

サラサラ成分「ピニトール」に着目した新しい妊活サプリ

機能性植物の「アイスプラント」を原料に葉酸やビタミンを配合。女性の健康向上からの妊娠を目指した注目サプリ。

VEGEMAMA


★妊活サプリといえば「マカ」「葉酸」が主原料でしたが、新成分として「アイスプラント」に着目。
血糖値の上昇を抑える血液サラサラ成分「ピニトール」をたくさん持っていると言われます。


★妊娠しやすさは血行促進して新鮮な血液を卵巣に供給することとされます。
マカはその役割がありますが、葉酸は特にその役割がなく、どちらかというと胎児に必要な栄養素です。
アイスプラントは血液ドロドロの原因となる血糖値を抑えて、血液をサラサラにすることで新陳代謝を図る方向性ですね。
中高年の生活習慣による不調を改善し、妊娠を促すというより自然な方向性です。
マカよりも攻めの要素が抑えめで、女性のデリケートな体調に配慮しているといえるでしょう。


★ビタミンC、ビタミンB12、ビタミンE、葉酸(ビタミンB9)、ルイボス等の妊娠前に十分摂っておきたい栄養を配合しています。


★500本先着で50%OFF、全額返金保証付き。…としていますが、本当に500本限定かはわかりません。
あまりにも返金要請が多ければ打ち切られると思いますが、返金要請が少なければ継続するかもしれないですね。


星5
ピニトールという天然のサラサラ成分に着目した妊活サプリ。
マカよりいいのか?悪いのか?というのは僕が男ゆえによくわかりませんが、マカで3~4ヶ月試してダメだったら
替える価値はあると思います。価格も手ごろですし、定期もいつでも解約可能ですしね。良心的です。


「VEGEMAMA(ベジママ)」の公式ページで詳細を見る。

 

妊娠しやすい子宮作りにいくつもの役割を果たす大豆イソフラボンサプリ

ハイクオリティ認証も取得している安心・安全な大豆イソフラボンサプリメント。大豆イソフラボンは抗酸化成分強いながらも新陳代謝作用が優しい妊活に向く成分です。

イソラコン葉酸400μgプラス


大豆イソフラボンが主成分のサプリ。大豆イソフラボンは
・「高い抗酸化力」
・「女性様ホルモン成分として、女性ホルモン分泌を促進」
・「血液のめぐりを促す」
子宮にやさしく影響する、妊活にとても向く成分です。
女性ホルモン分泌作用は強すぎず、妊活中の女性にも、その他の女性にも最適量。
大豆イソフラボンは他に類のない良質な多目的栄養成分です。


★大豆イソフラボンは発酵させることで体内への吸収率が上がります。麹菌で発酵させた大豆イソフラボンを配合。通常の大豆イソフラボンの3倍の吸収率。


★妊娠初期の女性が特に必要とする葉酸を厚生労働省の推奨基準(400µg)で配合。


★女性に多い、妊娠の大敵である貧血の原因となるビタミンB12不足解消のため、ビタミンB12をしっかり配合。


7日分のお試しパックあり。980円。送料無料で試せます。


星3
発酵させた大豆のサプリということで、身体に優しい発酵酵素液のような感じですね。
大豆はイソフラボンなど女性に有利な成分が多い食材ということからも期待は高いです。
ただどうなんでしょう。最初は多種の栄養成分を採用している妊活サプリのほうをやってみたほうが良い気もするんですがね…
大豆は体質的に合わない人も少なくないだろうと思いますし。


「イソラコン葉酸400μgプラス」の公式ページで詳細を見る

 

総合栄養タイプの妊活サプリ

13種もの栄養素と3種類の有用菌を調合した総合妊活サプリ。たくさんの素材を使うことでのメリットが多い妊活サプリです。

kodakara


13種類の栄養素と3種類の有用発酵菌を配合。
たくさんの素材を使うことで体に吸収されやすく、また一つの成分が濃すぎずに体に負担をかけにくいです。
総合的な成分が体調を優しく引き上げ、妊娠しやすい体質を作り上げていきます。


★成分は以下の通り。
マカ、葉酸、亜鉛酵母、鉄、冬虫夏草、αリポ酸、にんにく、ショウガ、コエンザイムQ10、ビタミンE、タンポポ、トウガラシ、ローヤルゼリー、ナットウキナーゼ、イソマルトオリゴ糖、有胞子乳酸菌


★基本定期便のみ。1回目は税込2980円とお試し価格で安いですが、2回目からは7980円(税込)となります。
4回は解約できないので注意。ですが、総合成分の妊活サプリは濃すぎない成分で徐々に体を作っていくコンセプトなので、どのみちある程度の期間続けないと意味はないものと思ってください。


星4
妊娠するための素材がオールインワンといったサプリ。この手のサプリではワンランク上のできと言ってよいかと思います。定期4回までに妊娠したら…?ということで星4です。( ;∀;)


妊活サプリメント「kodakara」の公式ページで詳細を見る。

 

一番人気の葉酸サプリ

ベルタ葉酸

★女性にはマカなどの精力成分は普段はあまり推奨できるものではありません。
亜鉛など、微量に必要と言われる成分が多いからです。
でも、マカは代謝力作用が高く、妊娠のためには卵巣に新鮮な血液を送ったほうが良いとされています。
葉酸は、妊娠しやすくなるというように誤認されやすい広告が多いのですが、妊娠初期に、「胎児の栄養のために」摂ることが推奨されている成分です。
また、男性が妊娠前に摂ると、着床する精子が元気になり、胎児の健康が守れるともいわれます。
葉酸は水溶性ビタミン(ビタミンB9)です。
厚生労働省から400μmgの摂取が推奨されているものの、食事からも摂れるため、絶対に必要とは言えません。
ただ、妊娠初期には人によってつわりのため、栄養を十分取れない時期があります。
葉酸サプリはそのような時期に推奨するサプリです。ですが、特に妊娠しやすくなることはないと思います。


★一番人気の「ベルタ葉酸サプリ」は妊娠期に必要な栄養をすべて備えています。
ビタミン・ミネラル27種類、鉄分15mg、カルシウム250mg、野菜18種類、
厳選した美容成分6種類(ツバメの巣・ヒアルロン酸・プラセンタ・コラーゲン・黒酢もろみ・珊瑚カルシウム)
を配合しています。女性のための、総合的な栄養成分にすぐれていて、自然な代謝とホルモンバランスの安定を促すため、
卵子へ栄養が豊富に送られるようになります。
さらに海藻由来の安全性が高いサラサラ成分「DHA・EPA」、多機能たんぱく質の「ラクトフェリン」、必須アミノ酸が豊富な「ベビーコラーゲン」を追加配合。


★他の葉酸サプリよりも栄養の豊富さとバランスに優れ、厚生労働省の基準に準拠した栄養機能食品となっています。


星4
妊活サプリ…といえば妊活サプリといえなくもありませんが。たっぷりの栄養で新陳代謝を上げていくコンセプトなんでしょう。
妊娠しやすさに関係ない葉酸を押しすぎてましたが、リニューアルで妊娠しやすい母体作りをより重視した成分構成になったかなと思います。


「ベルタ葉酸サプリ」の公式ページで詳細を見る。